リフレーミングという言葉を聞いた事がありますか?

この「リフレーミング」とは、失敗したり、自分に自身が持てなくなった時手前に進めなくなった時などに、行き詰まっている心理的枠組み(フレーム)を、変化させ、新しい枠組み(リフレーム)を見つけ、新しい価値観を見出すことです。

リフレーミングとは、NLP(Neuro Linguistic Programming・神経言語プログラミング)の中の一つのプログラムです。

 

物事は中立であり、そこに意味づけをするのは、人それぞれです。

物事の捉え方で、あなたの世界は創られると言っても過言ではありません。

物事にどんな意味づけをするのかで、自分の世界が全く変わってくるということです。

このコロナ禍で、不安な思考ばかり抱えていると、どんどん不安なことが連鎖的に浮かんできてしまいます。不安は不安を引き寄せます。

不安な気持ちは、受け入れつつも、「では一体何をするのが自分にとっていいことなのか?を考える」という思考にリフレーミングすることで、未来は少しずつ変わっていくのです。

自分を客観視すると、見えてくるものがある

自分を客観視するところから、あなたは変わる

変わりたいなら今の自分自身の現状、思考や感情をよく知らなければ変われません。

自分自身を客観的に見つめることです。もう一人の自分が一歩引いて、自分を観察し認識することです。

ストレスに感じていることや、自分の事が好きになれない、などと言う気持ちを持っていると

自分の内面や現象を直視するのも辛いものです。

でもまず「今の状況を性格に把握する」「受け入れる・認める」ことが改善の一歩です。

面白いことに、自分に向き合うことは、怖いかと思いますが、これがまた客観視してみると、意外に「あっ、思っていたほどひどくなかった」など過剰な思い込みに気づき、冷静になれるのです。

客観視「できる」と「できない」の違い

「客観視できる」という事は、自分を俯瞰で見て全体像の状況がわかるということです。

例えば「目が小さくて自分の顔が嫌い」とコンプレックスに思って自分らしくいることができない、

と感じている人はいます。「小さいと思っている目」だけ見て、全部が嫌いと思ってしまうのではなく、顔や全身を引いてみた時に、そのコンプレックスも全体の中の一部なことにも気づきます。

素敵なところも必ずあります。

 

「客観視できない」ということでしょうか?

客観視できいと、全体の中の自分が見えなくなります。

もし自分にコンプレックスを持っていたら、コンプレックスに思っている部分しか見る事ができません。

その嫌いな部分しか意識ができないので、本当は、他の部分がとても素敵なのにそこを、見ることができなくなってしまいます。

また客観視できないと、感情的になって、ひとに言われたことをそのまま受け取り、傷ついたり、ネネティブになったりします。また、周りのとの調和が取れずに空気の読めない行動をしたり、無駄な行動をしてしまいます。

私たちは、

  1. 出来事や状況に対して
  2. 自分なりの解釈で
  3. その出来事や状況に反応している

このステップを繰り返しています。

ですので、2の「自分なりの解釈」によって、3の「反応」が大きく変わっていくのです。

反応が変われば、あなたの世界は変わりますよね!

自分を「どのくらいのフレーム」で見るのかで、認識や感情や気分、意味づけや思考に影響を与える

写真を撮ったあと、カメラマンはフレーム(被写体を切り取る範囲)の微調整をします。

上半身の写真と言っても、胸の下あたりできるのか?ウェストまで広げて大きさを決めるのか?

フレーミングで印象も変わってきます。

これと同じで、コンプレックスばかりの小さなフレームで見ているのと、大きい全体のフレームで自分を見るのでは、認識や感情・気分、意味づけ、思考が変わります。

例えば、目がコンプレックスですが、スタイルが抜群によい、鼻が丸くて嫌いだが、全体的に可愛い雰囲気を持っているなど、大きなフレームで自分を見てみます。

冷静になれますよね。

フォトジェニックとセラピーを統合してセルフイメージを上げる

自分の写真を眺めていると、他人を見ているような感覚になってきます。

そして、「なぜ?」という事を考えます。なぜコンプレックスに思うのか?

この「なぜ?」を考えて見ると今まで見えていなかった自分の内面、物事の背景や、誰かの意図、が見えてきます。

スタジオラムズには「フォトセラピー」というコースがあります。

このコースは、写真が苦手の方向けに、写真に慣れて、自分のことを好きになって頂こうと、当初作ったプログラムでした。名前も「フォトジェニックコース」でした。

何十人の写真写りが悪いと感じている方々と、セッションをしてきました。

たいていの方が、自分の顔にコンプレックスを持っていらっしゃる方です。

ヘアメイクをして、撮影が始まると、最初は緊張して顔が怖く写ってしまいます。

警戒して、自分を必死に隠そうとします。

私もリラックスしていただこうと、楽しい雰囲気でお話をしながらシャッターをきっていきます。

意識を、写真を撮られていること以外のことにフォーカスしてもらいたいからです。

その瞬間はとても自然な表情になります。

写真で顔がこわばってしまうのは、本来の自分を解放できない思い込みがあります。

それは、どうせ変わらないだろう、自分の本質を知られたくない、恥ずかしい、などという思考です。

結局、きれいにヘアメイクをして、ライティングをセットして撮影をするだけでは、例え

その時は奇跡の1枚は撮れて、ある程度、よく映る角度や表情のコツがわかったとしても

普段の生活に戻れば、またいつもと同じ自分に戻ってしまう。

撮影をしたその時は満足しても、変わらない。

それに気づいた時に、マインドセットの重要性を深く感じました。

そこで、このフォトジェニックコースにカウンセリングセッションを加えた新しいメニューを開発しました。

フォトセラピーコース

新しい「フォトセラピーコース」は、自分自身を客観的に見て、カウンセリングを交えながら、撮影をし、新しい価値観に気づき、自分似変化を持って頂く、という内容です。

来ていただいてすぐに、そのままビフォーの撮影をします。

最初のカウンセリングのあと、ヘアメイクの仕上がりのイメージを一緒に考えます。

未来の自分をイメージしていただき、そのイメージで輝いているヘアメイクを目指します。そしてヘアメイクします。男性も眉毛や目の下のくまがあれば整えます。髭が濃いのが気になればコンシーラでカバーします。

いよいよスタジオで撮影。

お話をしながら、色々な角度から撮影していくのはフォトジェニックコースでのセッションを変わりません。

モニターに映った写真をその場で、一緒に見ながら、自分を客観的に見つめ、気になった写真をピックアップし、カウンセリングを交えながらお話をしていきます。

思い込みを外したり、解釈を変える質問をします。

また、解釈を別の言葉に置き換えたり、短所を別な視点で見る、事に気づいていただくように導いていきます。

それに加え、自分の姿を客観的に写真で見ることで、視覚からも前向きになるための情報を入れていきます。

写真のプロセスを見ていくと、心の変化なども読み取ることができ、自分自身の新しい発見にもつながっていきます。

「生きる」ということを考える

自分の持っている可能性をきちんと見つけて表現する

このコロナ禍は、感染すると免疫が低い場合、数日で死亡してしまうという怖い感染症です。

異常気象や大きな災害もいつ、自分に降り掛かってくのかもわかりません。

私の亡くなった主人も、大きな夢に向かってプランを立てていたにも関わらず、その途中で

亡くなり、最後までその計画ができなかったことを悔やんでいました。

その時に、私は、自分がやりたいと思ったことは、必ずやってみる!と心に決めて今があります。

もちろん、やってみて、「あれ?なんか違う・・・」と感じれば、そこから工夫して継続するのか?

辞めるのか?決めています。

自分がチャレンジしたことは、決して無駄にはなりません。

その時は形にならなくても、知識や気付き、考え方などが自分の中に蓄積されていくだけです。

失敗?もしくは、思うような結果にならなくても、プロセスでいかに、打ち込めたか?が大切です。

せっかく生きているのですから、あなたらしい充実した時間を過ごすことができれば、喜びや幸せをたくさん感じられ、楽しくなります。

自分にしかできないことは、誰にでもあります。

技術的なことかもしれないし、片付けが手際良くできるかもしれないし、人を思いやる優しい気持ちや気配りができる、ことなのかもしれません。

その素敵なところをきちんと自分に対して、周りに対してきちんと伝えていくことが

充実した人生を生きることにつながっていきます。

自信がないから、自分の内面や顔が嫌いだからと言って、このまま人生が終わってしまうのは

残念です。

自己啓発やスピリチャルにいく前に、まず自分自身を向き合い、今の自分がどうして自信がないのか?なぜ自分のことが嫌いなのか?など向き合うことです。

答えはあなたの中にしかないのですから

お話だけのカウンセリングよりも、自分という被写体を見つめながらカウンセリングをするので

気づきも深まります。

写真に映る自分自身を見つめることで、あなた自身を自分に投影します。

自己投影とは、自分が持っているものが、相手(自分の写真)に映るだけですので、

あなたの世界の中でのコミュニケーションを自分自身をしていくのに、カウンセラーの私は

気づきのヒントの質問をするだけです。

フォトセラピーコースは、ある意味セルフセラピーです。

 

自分自身を見つめるきっかけになり、あなたらしさを解放していただけたら嬉しいです。

 

フォトセラピー&メイクアップセラピーコース

所要時間(約120分)

1.ビフォー写真・カウンセリング・ヘアメイク 約60分

2.フォトセッション・カウンセリング 40分~60分

3.フォトセレクト(お好きな写真とビフォー写真)

お写真はお好きなだけデータで差し上げます。簡易レタッチサービス致します。

料金 ¥33,000(税込み)(男性の場合ヘアメイク料金がお安くなります。¥27,500(税込み))

    必須お名前
    必須ふりがな
    必須メールアドレス
    必須郵便番号
    任意都道府県
    任意ご住所
    任意ご連絡先
    必須お問合わせ内容

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。