少し意識を変えればあなたも2割増し美人~朝のソープ洗顔辞めました~

肌の乾燥のメカニズムは?

東京にも初雪が観測されたそうですね。

私は雪国育ちですので、雪には慣れっ子。雪かきもザクザクやります(笑)

雪国人間の感覚として、東京に雪が降ると、「もう冬のピークは過ぎた~」って感じてしまいます。

東京の18日ぶりに雪と小雨で湿度が大分上がって、お肌に潤い♡

とはいえ、オフィスや室内は暖房で、乾燥しがちですね。

肌が乾燥するメカニズムは、大きく分けて3つの原因が考えられます。

  1. 脂質やセラミドの減少
  2. 角質がガサガサして、肌から水分が逃げやすい
  3. 天然保湿因子「NMF(皮脂膜)」の減少

です。3点とも加齢が原因とされています。

年齢を重ねれば重ねるだけ、肌に愛情ですね。

今日は潤いを保つ天然保湿因子を育てるお話です。

3番の天然保湿因子とは、体内の水分と、皮脂から出る脂分が混ざって作られる膜のことで保湿や殺菌作用のある天然のクリームのことです。

 

常在菌を洗い流しすぎないのが、潤い肌の秘訣

このNMF(皮脂膜)を作るのが、肌に住み着いている「常在菌」。

7~10種類くらいの菌がお肌の上で共存しています。

常在菌のバランスが崩れれば、肌のバリア機能が低下し、天然のクリームは作られにくくなりカサカサの肌に。

NMF(皮脂膜)の正常な状態を保つには常在菌のバランスをキープすることが乾燥を乗り越え、美肌を作るポイントなのです。

ところが!

肌をゴシゴシ激しく洗ったり、洗浄能力の高過ぎる洗顔料を使っていると、常在菌が除去されてしまい潤いのない肌になってしまいます。

朝洗顔は、ソープ(洗顔料)洗顔を辞める

常在菌は洗浄力の強いクレンジングやソープ(洗顔料)で洗顔すると界面活性剤が常在菌まで洗い流してしまい、肌はアルカリ性に傾き、元の状態にもどるのに12時間くらいかかってしまうそうです。

水やぬるま湯洗顔ですと、毛穴の中に残った常在菌がすぐに増え始め30分~2時間くらいで元に戻ります。

夜メイクを落として石鹸や洗顔料で洗ったら、朝起きたらやっと常在菌が戻ってきた頃にまたソープ洗顔してしまうと、ず~っと常在菌が整わずに、自分の力で潤うことができなくなります。

朝の洗顔は、基本ぬるま湯だけでOKです。

私は乾燥を強く感じた日は、化粧水で拭き取るだけです。

そして、Tゾーンがベタベタしていれば、その部分だけ軽く洗顔料をつけて洗います。

特に乾燥しているこの季節などは、ベリーオイリ―の人以外は、ノ-メイクで過ごした日の夜も、ソープ洗顔なしをオススメします。

冬のお手入れで、春先に肌の老化に違いがでます。

お肌もあなたの一部。大切に扱いましょうね♡

~メイクアップはあなたの世界を変える力があります~

~メイクアップはあなたの世界を変える力があります~

あなたが今のあなたから少しでも変わろうと思ったら、もちろんやりたいことに一歩踏み出すことです。

けれど、今まで何度も変わりたい思って自分探しをやっていても、結局変わっていない、、、

では、どうしたら自分を変えることができるの?

色々なやり方がありますが、メイクアップで見た目から変える方法もひとつです。

実際にきれいになったあなたに、周りのあなたへの接しかたが変わっていことを実感する方法です。

女性として大切にされる体験を、女性に生まれたなら沢山して欲しい。

女性として、たくさんの人に愛されるように。

あなたもそんな体験をするために、「きれい」になりませんか?

そして、メイクアップの力で、あなたの夢の扉を開けましょう。

あなたがきれいになれば、世界は変わります。

ラムズビューティのメイクレッスンはメイクアップセラピーレッスンとなっております。

心もきれいに、ブラッシュアップしていきます。

ラムズビューティのメイクアップセラピーレッスンの詳細はこちらから