片桐愛未のプロフィール

ヘアメイクアップ・トータルビューティアドバイザー

株式会社ラムズビューティー代表取締役 片桐愛未高校時代よりヘアメイクアップアーティストに憧れ、高校在学中に山野愛子美容学校の通信を受講。

高校卒業後、美容室勤務。

22歳の時、半年をかけてスペインからポルトガル、イタリア、フランス、ロンドンをバックパックで旅に出て、ヨーロッパの歴史の深さと、自分自身ありのままでいいという自由さ、また旅先で出逢った温かい人たちに感動し、翌年渡英。ロンドンを起点にヘアメイクアップを学びながらクラブミュージック、アンダーグラウンミュージックなど世界のアートや文化に触れる。
またミラノでブランド‘Melonge(メロンジェ)’を設立。ゴージャスなファッションの世界も経験。

ヨーロッパから帰国後 結婚

さて、仕事!と思っていた矢先に大恋愛の末、妊娠。
仕事を断念して結婚。91年に息子を出産。しかし3年後に離婚。

立ち直りに時間がかかったが、子育てと仕事の両立に四苦八苦しながら、ライターの友人と会社を設立。
雑誌グラビア、ミュージックPV、CDジャケット、TV、広告のヘアメイク、スタイリングを手掛ける。

間借りしていた会社の雲行きが怪しくなり、会社を解散。
息子を群馬の実家に預け、フリーのヘアメイクに。

しかしここでまた問題が。。。
息子のことが心配で一度、実家に戻るが、当然ヘアメイクの仕事はなく、再び単身東京へ。

BOBBI BROWNとの出会い

縁あって、BOBBI BROWNの日本1号店池袋西武百貨店、2号店有楽町西武百貨店、結婚式場リビエラでのBOBBI BROWNメイクアップサロン立ち上げ、B.Aの教育などに携わる。

ここでお客様1000名以上のメイクアップを経験。一般女性の持つ秘められた美を引き出す面白さを実感する反面、サロンメイクアップの難しさも経験。リビエラではブライダルのヘアメイクも学ぶ。

退職後、その経験を生かし、結婚式事業を立ち上げの仕事に。
あるゴルフ場のブライダル事業の立ち上げで知り会った社長と結婚。
ところが、再婚して2年目に主人のガンが発覚。
看病な日々もむなしく、他界。2年ほど落ち込む生活から再起。

そして現在

現在、株式会社ラムズビューティ代表取締役のみならず、より美しく豊かな人生を手に入れたい人々のために、自立できる女性のプロデュースやサポートを行っている。

  • メイクアップアーティスト
  • ビューティプロデューサー
  • 心理美容セラピスト
  • 株式会社ラムズビューティ代表取締役
  • スタジオラムズオーナー
  • 日本サイコロデュース協会副理事

hLams Beauty(ラムズビューティー)のコンセプト

「時代をリードする女性をプロデュース」
をコンセプトに、メイクアップとフォトセッション、深層心理・行動心理学・脳科学を使ったカウンセリングで自立できる女性のプロデュースやサポートを行っている。

また、仕事だけでなく、プライベートや趣味、経済力、友情、愛情、旅行、環境などバランスよく手に入れて、より美しく豊かな人生を手に入れるためのメソッドを提供している。

  • ヘアメイクアップアーティストとしてブライダル、TV、広告など
  • スクール講師、メイクスクールテキスト執筆、イベント・講演会
  • 起業支援、コンサルティング、講座プロデュース、マナー講座、フォトグラファーなど

「きれいになると、心が変わる!そして世界が変わる!」