写真写りを素敵にするコツ~姿勢をよくするだけであなたは2割増し~

姿勢のいい人は、素敵に見えますよね。

特に婚活や就活などの写真は、姿勢のいい悪いで、あなたの内面の印象を変えてしまいます。

最近は、スマホやPCの影響で、首が前に曲がっていて猫背の人がとても多いです。

猫背の人は、どことなく暗そうだし、自分に自信がなさそう、運が悪そうなどネガティブな印象がします。

しかし、背筋をまっすぐ伸ばしてスッとした姿勢をしている人は、

爽やかで清潔感があり、凛とした感じや芯の強さを感じます。

 

写真は静止画面から、あなたという情報を伝えます。

撮影する時は、この「背筋を伸ばした基本姿勢」はとても大事です。

この基本姿勢をキープしたまま、ポケットに手を入れたり、腕を組んだり、手の表情をつけていきます。

姿勢は、あなたという人間のベース、生き方、在り方です。

この基本の姿勢がきちんとしているとあなたのきちんとした存在感が、見る人の潜在意識に届くのです。

美しく撮れるコツ

美しい姿勢とは?

こんにちは!新宿のスタジオラズです。

まずは、あなたの姿勢をチェック!

まず真っすぐ立った時に、あなたの両腕が太ももの横にきていれば、きれいな姿勢です。

しかし、姿勢の悪い人は両手が太ももの前にきます。

どうでしょうか?

あれ?姿勢が悪い?と思った方は、

胸を前に突き出すというよりも、真っすぐになって、背中の肩甲骨をよせるイメージを持つと、きれいな姿勢になります。肩の位置が、自分の耳の横にきます。

やってみると、結構、体幹を使いますよね。

写真撮影の時に素敵に写るコツ

スタジオラムズでは、撮影の時に素敵に撮れる姿勢のコツをまずお伝えします。

それは、

  1. 頭のてっぺんからつるされるようにする
  2. 丹田(下腹)に力を入れると骨盤が立ちます
  3. 首を長く、肩の力を抜きます
  4. 胸を張るというよりも、肩を後ろに引きます(肩甲骨を寄せます)

下腹以外はリラックス。

素敵に撮られる姿勢の基礎しっかりおさえて下さいね。

日常から良い姿勢を意識する

姿勢をよくしたいが、普段どうすれば?

先日スタジオラムズにいらした婚活写真撮影の男性。

仕事でパソコンの前に一日中座っていて、姿勢の事を考えたことがなかったとのことで、

若いのに、下腹が出ていて猫背でした。

「頭のてっぺんからつられているイメージを持って、下腹に力を入れて、肩を後ろに引いて下さい。」

と言って数枚撮るうちに、最初はいいのですがだんだん力が抜けてきて、また猫背になってしまいます。

撮影の途中、モニターで姿勢の良い自分と悪い自分を見て頂き、よい姿勢がいいということが良くわかった様子。

「普段から姿勢をよくするように気をつけて下さい」と言ったら

思いもよらないお答えが(^^;)

お客様「毎日、姿勢をとくすることをどうやって、思い出したらいいのですか?」

私(おっと~!?)

想定外すぎる質問に一瞬ひるみましたが

私「まず、ご自身の見た目に興味を持って下さい。」

お客様「・・・・。」

 

(姿勢の事を意識することは、思い出した時に意識すればいいのですが、そもそも姿勢をよくしようと思う習慣がないので)

 

私「例えば、トイレに行った時、ランチを食べる時、11時と14時などと時間を決めたりして、姿勢を意識する時間持つなんてどうですか?そして、『姿勢をよくする』と言葉で言ってから姿勢を整えて下さい。」

 

物事が実現するプロセスは、「思考→言葉→行動」です。

(ですのでわざわざ「言葉」にして頂くことをおすすめしたのと、習慣にするために言葉にして音で聞くことで自分自身にインパクトを与えたいのです)

 

お客様「それは、できそうですね!」

私(よかった~w)

と、何か特徴のある行動をする時に一緒に、意識してみることをお伝えしました。

 

やってくださっているかな~?

まとめ

姿勢がいいと、それだけで「清潔感がある、誠実そう、しっかりしてそう、凛としいる、筋が通っている、爽やか、裏がなさそう」などと好印象を与えることができます。

写真は、視覚的な情報だけですので姿勢は大切です。

特に、婚活写真や就活写真は、好印象を与え、写真を見た人の目に留まららなければ、何も始まりません。

 

しかし、姿勢も急によくなりません。

普段から姿勢をよくすることに意識を向けて下さいね。

姿勢は、あなたという人間のベース、生き方、在り方です。

しかも、姿勢がいいことを意識すると、体幹も鍛えられるし、骨格も歪づらくなりますから、

健康にも良いですね!

 

素敵な写真を撮って、あなたの人生の夢の扉を開きませんか?

スタジオラムズ・新宿の婚活・証明写真メニューはこちらから